2014年03月10日

彼女

実際にその彼女と会わせてもらったのですが、本当に綺麗な彼女で本当に出会い系サイトで出会ったの?と私的には軽くカルチャーショック受けています。それをきっかけに私も出会い系サイトを始めました。すると、本当に綺麗な女性ばかりでしかも全体的にレベルが高いのです。その女性たちに最初は簡単に落とせるだろうと考えていたのですが、ところがどっこい実際のナンパよりもテクニックを要して面白いのです。まるでロールプレイングゲームでもやっているように、少しずつ好みの女性を落としていきました。

at 18:25:40|Permalink

2014年02月07日

貢ぐ

当然の事ながら逆援助というのはとても怪しいもので危ないものと考える人が出てきます。確かに悪質な出会い系サイトなどからの勧誘がセレブと付き合ってお小遣いが貰えると言う様な宣伝文句だったりするので怪しむのは当然だと思います。しかし世の中にはこれと同様の行為が昔から行われているのです。分かりやすい所で言うとホストやヒモといった存在です。彼らは女性からお金を貰って生活をしたり、ブランド物を買ったりします。お金の無い女性は必死に働いたり、バイトをしたり、風俗嬢をしたり、メールレディをしたりしてお金を稼いで貢ぐのです。にはそういう副業と書いてある。

at 13:34:53|Permalink

2013年11月16日

メールの関係から

結婚二年目。妻には、君が好きなように生きるといいよと、器の大きな男を演じ、その嘘を本気にして一人で留学した女性。妻がいない間に、好きな女性が現れて、妻とは破綻していると伝え、男のロマンを語る。破綻がたとえ嘘だとしても、自分を愛する目の前の男は真実であり、嘘を真に受け入れる。あのとき、あれは嘘だと解っていた。言葉を代えれば、優しい嘘を受け入れて、愛されていた実感を噛みしめる。一つの愛が終わっても、それは縁だったと心の中で整理がつく。愛されていなかったことに、あらためて気付かされた女性。怒りが癒えたら、愛される事よりも、愛することを探しましょう。きっとその方が優しい気持ちになれるから。元旦那からの散々受けた裏切り。出会い求め出会った男からの志内。男性恐怖症人間不信。そんな時必ず助けてくれる人。どんなひどいことゆってもずっと見守ってくれてる。


at 20:45:50|Permalink

2013年10月07日

SNSや出会い系

SNSや出会い系といっても種類が色々あるので、mixiの場合は、コミュニティーなどに入って、同じ趣味の人たちと友達になると、話が盛り上がって楽しいと思います。あとは、ニュースなどにリンク付きで日記を書くと、知らない人たちからもコメントがもらえたりするので面白いです。facebookの魅力は、日本だけでなくて世界中で使われているので、世界中の友達ができる可能性があることです。気が合いそうな人にメッセージを送ってみるのも良いかもしれません。海外旅行や留学に行くけど不安という人は、facebookであらかじめ現地の知り合いを作っておくと、いざ行ったときにすごく助かるかもしれませんよ。

at 14:35:05|Permalink

2013年05月18日

出会い系にいる援助交際少女

ニュースで頻繁に援助交際という言葉を耳にするようになりました。昔はストレートに売春などと表現されていたものが、低年齢化や内容の多様化で『援助交際』『援交』『サポ』『円』などの言葉に置き換えられ、出会い系サイトに書き込まれています。元々売春を罰する法律はないのですが、それでも昔はうしろめたい行為という価値観が一般的でしたが、今その価値観は男も女も変わってきたようです。若い女性は高価な服や装飾品やバッグを持ちたがりますが、それらはその年齢の女性が普通に買うことが難しいほど高価なものです。親から買ってもらったりアルバイトで稼いだだけでは難しい一方、援助交際なら比較的簡単に稼ぐことができるので、アルバイト感覚で出会い系サイト掲示板に手を出しています。男性側も風俗に行くより料金が安くつくし、素人女性と遊べるという理由で援助交際をしたいと考える人が少なくありません。互いに気に入れば定期的な関係になることもあるようで、そうなるとどちらにとっても都合の良い相手といえます。ニュースになるぐらいなので、男女どちらにも危険なことも多少あるようですが、それでも当事者に恐怖感や罪悪感は少なく、女性からは簡単に稼げる手段で男性からは手軽に無料出会いを使ってセックスの相手を見つける手段として多用されています。結婚せずに一生独身という人が増えてきた現在、手軽な交際相手を得る方法として出会い系サイトをする人が多いということでしょう。重要と供給が一致している状態が続く限り、この現象はまだまだ続きそうです。

at 15:21:48|Permalink